読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男性ファッションの真価が問われるとき

働いている男性は特にスーツ姿はいつも見ているので個人差があまりないと考えます。

ですので、やはり男性のファッションについて真価が問われるというのは、私服を着ている時だと思います。

あまりにもブランドものでそろえられていると、高級を通り越してダサい印象を感じます。ブランドは、ワンアイテム取り入れると良いと思います。

あとは、カラーの系統はカーキやブラウンなど、季節を感じさせるカラーを取り入れるとセンスが良く見えます。

ですが、あまり暗くなりすぎると印象に残りませんのでオレンジやイエロー、レッドなどの差し色を取り入れると暗くなりすぎないです。

あとは、あまりにもぴっちり来ているのも美しくないですが、だぶだぶの服も不良っぽい印象を感じます。

ファストファッションでもいいので、アイテムや着こなしがセンスが良ければ、いいファッションだなあという印象を受けます。書ける値段よりも着こなしを意識した人が良いと思います。