読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晩秋の楽しみである箱根の紅葉と温泉を求めて

毎年紅葉の季節に私が楽しみにしているもの、それが週末を利用しての箱根への日帰り湯治なのです。

自宅から車で西へ約1時間、朝からのドライブがてらちょうど良い距離に位置している箱根はレジャーや湯治にピッタリ。特にこの季節は湯本近くにまで紅葉前線が達し、苦労して山奥を目指さなくとも気軽に紅葉を楽しみながら野天風呂に浸かれるのです。

先週の土曜日も朝からかなり冷え込んだのですが、私にとっては絶好の湯治日和。早朝から支度を整え西湘バイパスを西に向かい、箱根を目指しました。

今年は秋の冷え込みが急だったせいか、心なしか木々の色づきも早い様な気がします。予め入る温泉施設は決めてありますから、午前中の空気の澄んでいるうちは標高の高いエリアに上り、適当に紅葉の風景を写真に収め楽しみます。

昼前には麓の湯本エリアまで戻り、少し須雲川を上ったところにある入浴施設に入り、のんびりと野天風呂に浸かり楽しむ事に。行きつけのこの施設には私の好きなぬる湯を始め各温度のお湯が揃っており、泉質もフレッシュ。休憩施設も広く大変お気に入りなのです。

この日は夕方近くまでのんびり湯に浸かった後は、併設の食事処で地産の野菜をふんだんに使った蕎麦を堪能し、家路に着きました。

あまり焦って夕方に帰路に着くと、ほぼ間違いなく帰りの渋滞に捕まってしまいますから、これ位ゆったりしたタイミングでOKなのです。