ちょっと勉強になった方角の話。

ミリタリーオタクの友人が、ネットオークションで米軍払い下げのコンパスを購入したのが今日届きました。
1万円で落札しただけあってかなり精密な代物で、正確に方角を知る事ができます。
実際に色々いじってみたりしたんですが、持っていた地図に書いてある北と、実際にコンパスが示した北で約10° 向きがずれていました。
友人の話によると、実はこれは地図が間違っているのではなく、地球の北というのは日々少しづつずれているという事です。
地球が北と南を軸に自転しているというのは小学校で習いますが、実は地球の時点は毎日わずかに軸がずれているんです。
イメージとしては、勢いが弱まった時のコマのような感じです。
そういう訳で、地図を書いた時は正確な方角だったとしても、時間が経つにつれて違ってくる訳です。
それにしても、実際よりも10°も誤差がでているというのはかなりのずれですよね。
因みに、本当の北である『真北(しんぽく)』と、地図に書いてある北と、コンパスが示す北では全て微妙に違うんです。
これらも、どれかが間違いという訳ではありません。
真北の位置を正確に知るには、北極星の位置を見て、北極星のある位置が真北になるんです。
とても勉強になる話です。