年齢に合わせた男性ファッション

男性のファッションを見ているといつも思います。
男性の服装は「年相応か」が1番大切だと。

ブランド物の服って、やはりどこか個性的で、派手だったり、色が鮮やかだったりします。

そういったものを全身に入れる個数って一個が限度だと思うんです。
(もしくは年齢的に、ロゴが出ているものは一個でもアウト)以前仕事で、
「経営者」達が割と多く集まる飲み会に参加した事があります。

その際に30代〜40代にもなって、ブランドのロゴがどどーん、
とバックルになっているベルトや、ブランドの総柄のシャツ、

なんか目立つ個性的すぎる靴を履いてるおじさんが沢山いて、
正直「気持ち悪い」「まだがつがつしている」「ゴテゴテすぎて田舎臭い」と感じてしまいました。

都会の人は、ブランドを買うときにモダンな物であまりそのブランドとは分からない様なものを買います。

田舎の人はロゴが目立つ、いかにもそのブランド品だと分かるデザインを買います。
という私の勝手なイメージがあります。

若い時は、見た目もプリプリしていてかっこいいし、
派手なブランド品でも似合いますが、社会人になると黒髪がほとんどなので、
シンプルなノーブランドの物を綺麗にまとめて着る方が私的には好きです。

ちなみに、25歳を超えて、黒髪以外の髪色とピアスも、
余程見た目が中性的やイケメンなどの選ばれた男性でないと、

「うわぁ。きっつ。自分の事かっこいいとでも思ってるのかな。ブサイクなのに。」といじりたくなります。